HOME | 東洋医学 | うつ病の東洋医学

うつ病の東洋医学

うつ病の東洋医学

鍼灸・整体・マッサージ

怒れば気上がり、喜べば気緩み、悲しめば気消え、恐れるは気行らず、驚けば気乱れ、労すれば気耗り、思すれば気結ばる。
(素問:挙痛論篇)

怒・喜・悲・恐・驚・労・思など、情動に変調が生じると、体内の気のめぐりに影響をあたえ、様々な弊害をもたらします。

古典より抜粋


うつ病

鬱(うつ)の自律神経系症状


うつ病