HOME | 甲状腺 | 甲状腺の検査 基準値

整体・針・治療

甲状腺の検査

検査項目と基準値 甲状腺

各検査項目の基準範囲は各医療機関により異なります。
自己抗体とは必要なものまで攻撃してしまう血液中の成分です。

鍼灸院 整骨院 整体 針治療 カイロプラクティック 甲状腺77

FT3

 遊離トリヨードサイロニン

 基準範囲 2.3~4.3(pg/mL)

 甲状腺ホルモン。
 甲状腺機能低下では少なく、亢進では多くなる。

FT4

 遊離サイロキシン

 基準範囲 0.8~1.8(ng/dL)

 甲状腺ホルモン。
 甲状腺機能低下では少なく、亢進では多くなる。

TSH

 甲状腺刺激ホルモン

 基準範囲 0.2~4.5(μIU/mL)

 甲状腺ホルモンの分泌を促す脳下垂体ホルモン。
 甲状腺機能低下で上昇する。

TRAb

 抗TSHレセプター抗体

 基準範囲 2.0未満(IU/L)

 甲状腺を刺激する自己抗体。
 陽性でバセドウ病などの疑い。

TSAb

 甲状腺刺激抗体

 基準範囲 120以下(%)

 甲状腺を刺激する自己抗体。
 陽性でバセドウ病などの疑い。

TgAb

 抗サイログロブリン抗体

 基準範囲 28 未満(IU/mL)
 
 甲状腺に関係する自己抗体。
 陽性で慢性甲状腺炎やバセドウ病などの疑い。

TPOAb

 抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体

 基準範囲 16未満(IU/mL)

 甲状腺に関係する自己抗体。
 陽性で慢性甲状腺炎やバセドウ病などの疑い。

HTg(Tg)

 サイログロブリン

 基準範囲 33.7以下(ng/mL)

 甲状腺の細胞で作られる蛋白質。
 陽性で亜急性甲状腺炎、バセドウ病、甲状腺腫瘍などの疑い。

PTH-I

 副甲状腺ホルモン

 基準範囲 15~65(pg/mL)

 副甲状腺で作られるホルモン。
 カルシウムの代謝を調節。