HOME | 甲状腺 | 甲状腺機能低下症 心身症

整体・針・治療

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症と心身症

  橋本病やバセドウ病などの甲状腺の病気の原因は、遺伝や免疫の異常が推測されていますが、心理的なストレスが関与しているのではないかという報告も多くなされています。

甲状腺の病気は血液検査などの数値で判断されていますが、自律神経症状や精神症状をともなうことが多く、何らかのストレス環境下におかれている方が多いのも事実です。

橋本病では、全身の倦怠感 や鬱などの精神症状がみられます。バセドウ病でも不安、落ち着きがない、集中力の低下、過剰な活動などの症状がみられます。

これらの症状は、生化学的な病変から起きているのか、精神的な心理状態から起きているのか、その両方なのか、未だわかっていません。

病院で鬱病の薬を処方されている方の中には、甲状腺の機能異常がみられる方が多く注意が必要です。

甲状腺の血液検査は一般的な血液検査の中には含まれていないことが多く、見落とされていることもよくあります。

鍼灸院 整骨院 整体 針治療 カイロプラクティック 甲状腺65

心身症

心身症は心理社会的要因または環境からの精神的ストレスによるショックによって健康が壊れる身体的な病気といわれています。

<心身症の特徴>

心身症は神経症と比較して、精神症状よりも身体症状の訴えが大きく身体症状が特定の器官に表れることが特徴です。心身症による病気の種類は100以上ともいわれます。

<心身症の要因>

心身症の人は、一般的に神経症の人よりも、自分の内面的な感情の変化には鈍感だったり無関心だったりする事が多く、精神的なストレスや悩みが病気の原因となっているということに気づかずに頑張りすぎるため、何でも徹底してやりすぎる人に起こりやすいといわれています。

心身症の一般的な治療

心身症の治療では、体の病気の器質的な病変を検査し、その治療を行うことと同時に、抗不安薬などの薬物が投与されることもあります。

心身症の可能性があるとされている疾患

呼吸器系
気管支喘息、過換気症候群、神経性咳

循環器系
本態性高血圧症、不整脈、狭心症、心筋梗塞、起立性低血圧症

消化器系
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、過敏性腸症候群、逆流性食道炎、慢性胃炎

内分泌・代謝系
糖尿病、甲状腺機能異常、過食症、拒食症

神経・筋肉系
不眠症、片頭痛、自律神経失調症、めまい、冷え性、慢性疲労、ふるえ、不安

皮膚科領域
アトピー性皮膚炎、多汗症、慢性蕁麻疹、円形脱毛症

外科領域
手術後愁訴、頻回手術症

整形外科領域
慢性関節リウマチ、全身性筋痛、腰痛症、むちうち

産婦人科領域
更年期障害、月経異常

眼科領域
眼瞼下垂、眼精疲労、視野狭窄,飛蚊症、眼痛

耳鼻咽喉科領域
メニエール症候群、アレルギー性鼻炎、耳鳴り、吐き気

泌尿・生殖器系
夜尿症、遺尿症、神経性頻尿、心因性インポテンツ

小児科領域
気管支喘息、アトピー性皮膚炎、心因性発熱、チック、夜尿症、噛みつき

歯料,口腔外科領域
顎関節症、特発性舌痛症、義歯不適応症、口内炎

※ 以上の疾患=心身症という意味ではありません

鍼灸院 整骨院 整体 針治療 カイロプラクティック 甲状腺66