HOME | 甲状腺 | 甲状腺の病気 クレチン症

整体・針・治療

甲状腺の病気

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)

 先天性甲状腺機能低下症はクレチン症とも呼ばれます。
病気の症状が先天的な甲状腺機能の低下にあるということがわかる以前につけられていた名称がクレチン症です。

 お母さんのおなかにいる頃から大人になるまでの間、甲状腺ホルモンの作用が不十分なばあい、低身長などの発育不全や精神発達の遅れ、知能の低下などの症状を引きおこす可能性を高めます。

 日本のスクリーニング検査では軽度の甲状腺機能低下でも発見されるので、ホルモン治療を受けている子供達が多くいます。

 スクリーニング
【海外約3000~4000人に1人】【日本約2000~3000人に1人】

鍼灸院 整骨院 整体 針治療 カイロプラクティック 甲状腺9

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)の主な原因

1.甲状腺が機能しない
①甲状腺が無い(欠損)(委縮)、もしくはあっても小さくて甲状腺ホルモンがつくられない(機能しない)
②甲状腺が本来あるべき所とは別の場所にあって機能しない
③甲状腺はあるべき所に普通の大きさであるのに機能しない
 
2.脳下垂体・視床下部が機能しない
①甲状腺ホルモンを出すように促す甲状腺刺激ホルモン(TSH)がでない

先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)の主な症状

便秘、へそヘルニア(出べそ)、低体重のまま、乾燥肌、かすれ声、黄疸が長びく、舌が大きい、手足が冷たい、元気がない、むくみがある、甲状腺腫、頭の骨の後ろの凹みが大きい、などで疑われます。
 
 FT3やFT4(甲状腺ホルモン)低値、TSH(甲状腺刺激ホルモン)高値、貧血、高コレステロール血症、CPK高値、心電図の異常などで診断されます。

クレチン症と区別する症状

1.一過性甲状腺機能低下症
①胎児造影による医原性のもの
②TSH結合阻害免疫グロブリンによる医原性のもの
③お母さんへの抗甲状腺薬の投与による医原性のもの
④未熟児によるもの


2.一過性高TSH血症
TSH(甲状腺刺激ホルモン)の上昇以外に異常がみられないもの

当院での施術

微妙な皮膚刺激をうまく利用して自律神経のバランスを整えて新陳代謝の活性化を促します。