HOME | 甲状腺 | 甲状腺の病気 バセドウ病

整体・針・治療

甲状腺の病気

バセドウ病

  バセドウ病は甲状腺ホルモンの分泌過剰をきたす内分泌疾患です。20~40歳代の女性に多く、主に甲状腺機能亢進がみられます。

甲状腺自己抗体によって甲状腺が腫大する自己免疫疾患(V型アレルギー)でグレーブス病(Graves' disease)とも呼ばれます。

更年期障害と勘違いする事が多く、何らかのアレルギーを持っている人が多い。

鍼灸院 整骨院 整体 針治療 カイロプラクティック 甲状腺3

バセドウ病のアレルギー作用

  通常、下垂体によって産生された甲状腺刺激ホルモン(TSH)は、甲状腺の表面にある甲状腺刺激ホルモン受容体を刺激して、甲状腺から甲状腺ホルモンが産生されます。

バセドウ病の場合、自己抗体がTSHの代わりに甲状腺刺激ホルモン受容体を刺激して、甲状腺から甲状腺ホルモンが過剰に産生されます。

バセドウ病の症状

  メルゼブルク三徴
①甲状腺腫②眼球突出③頻脈

その他
輝眼、振せん、微熱、発汗、体重減少、易疲労性、情緒不安定、色素沈着、筋力低下、周期性四肢麻痺など。

眼症状
上眼瞼拳筋の過度の緊張(グレーフェ徴候)、両眼輻輳失調(メビウス徴候)、瞬きの増加(ステルバー徴候)など。

鍼灸院 整骨院 整体 針治療 カイロプラクティック 甲状腺4

バセドウ病の主な検査

  血中甲状腺ホルモン↑。基礎代謝率↑、血圧↑、131I摂取率↑、血清コレステロール↓、白血球や赤血球↓

バセドウ病の病院での主な治療

  放射性ヨード、抗甲状腺薬、手術など。いずれも作用、副作用があります。