HOME | 腎臓病・尿器疾患 | 委縮腎

整体・針・治療

腎臓の病気

委縮腎

委縮腎とは腎機能の低下により、腎臓が小さく委縮してしまうことです。

正常な成人の腎臓の大きさは、長さ約10~12cm、幅5cm、厚さ3cm、重さ150gの握りこぶし程度のものです。

細動脈硬化性萎縮腎(さいどうみゃくこうかせいいしゅくじん)、続発性萎縮腎(ぞくはつせいいしゅくじん)、腎盂腎炎性萎縮腎(じんうじんえんせいいしゅくじん)、水腎症性萎縮腎(すいじんしょうせいいしゅくじん)などに分けられます。

一般的に、委縮した腎臓は再びもとに戻らないとされています。

鍼灸院 整骨院 整体 針治療 カイロプラクティック 腎臓病15