HOME | 腎臓病・尿器疾患 | 腎結石

整体・針・治療

腎臓の病気

腎結石

結石には、腎結石、尿路結石、膀胱結石、尿道結石など結石のある場所により、同じ疾患でもさまざまな呼び方があります。

結石になると、尿に血が混じったり、尿が濁ったり、腰部や腹部に違和感や激痛をともなうこともあります。また、体内で炎症が起きれば発熱する場合もあります。

原因ははっきりとしていませんが、食生活、ホルモンバランス、遺伝性などが言われています。カルシウムを多く含む飲料水の飲みすぎも指摘されています。

結石の成分は尿の成分になるシュウ酸カルシウム結石がもっとも多く、痛風の原因と言われる尿酸の結石など様々な成分があります。

小さな結石の場合は、しらないうちに、排泄されている場合もよくあることですが、途中で通過障害があると、肥大してしまう場合もあります。

結石を溶かすような薬はありません。体外衝撃波治療、内視鏡手術、レーザー治療などがありますが、再発する方が多いようです。

水分とカルシウムについては、多めに摂ることをすすめる説と少なめに摂ることをすすめる説の両方があり、一概にどちらがいいというものではないようです。

鍼灸院 整骨院 整体 針治療 カイロプラクティック 腎臓病8