HOME | 甲状腺 | 甲状腺について 副甲状腺の疾患

鍼灸院・甲状腺機能低下症・橋本病・慢性甲状腺炎・鍼治療

甲状腺について

副甲状腺の疾患

副甲状腺の疾患
上皮小体の疾患

副甲状腺機能低下症

副甲状腺機能亢進症



副甲状腺機能低下症

副甲状腺機能低下症 hypoparathyroidism は
上皮小体ホルモン(Parathyroid hormone)が低下します。

その結果カルシウムイオンの低下を引き起します。

これが、神経細胞や筋線維分極させて、活動電位を生み出します。

結果、骨格筋の痙攣、ひきつり、テタニー(tetany)症状(筋収縮の持続)といった症状が生じます。

副甲状腺機能低下症の原因
外科手術中に生じる上皮小体の損傷。
上皮小体に分布する血管の障害。など

鍼灸院 整骨院 整体 針治療 カイロプラクティック 甲状腺機能低下症16


副甲状腺機能亢進症

副甲状腺機能亢進症(hyperparathyroidism)は上皮小体ホルモン(Parathyroid hormone)の分泌が亢進します。
その結果、カルシウムイオンとリン酸イオンの血中濃度が上昇します。

骨が硬くなり過ぎて弾力性を失い、容易に骨折を起しやすい状態になります。

血中力ルシウム濃度が、増加するので、腎結石などができやすい状態となります。

その他、すぐ疲れる、人格の変化、衰弱などの症状もみられます。

鍼灸院 整骨院 整体 針治療 カイロプラクティック 甲状腺機能低下症17

<