HOME | 甲状腺 | 甲状腺周辺の器官 気管

鍼灸院・甲状腺機能低下症・橋本病・慢性甲状腺炎・鍼治療

甲状腺周辺の器官

気管

甲状腺周辺の器官

気管
Trachea

気管は、 成人で長さ約12cm, 直径約2.5cmの空気の通路です。

気管は、食道の前方に位置します。

咽頭から第5胸椎の高さまで伸び、左右の主気管支に分岐します。


気管壁(内から)

粘膜
粘膜下組織
硝子軟骨
結合組織

気管は、水平に配置された16~20個のC字形の硝子軟骨が積み重なっている構造です。

C字形な軟骨リングの開いた部位は食道に面していることで、物を飲み込んだときに食道が気管側へと膨らむことができます。

甲状腺は、気管を包み込むようにして存在しています。


甲状腺機能低下症の鍼治療 気管

甲状腺は頚部の喉頭の下部にあり、自律神経により機能します。

体性神経支配を受ける周辺の組織に囲まれています。

甲状腺は、上、中頚交感神経節の節後繊維により支配をうけます。

甲状腺の針治療を施術する上で首部周辺のた体性神経や自律神経の理解が大切になります。

鍼灸院 整骨院 整体 針治療 カイロプラクティック 甲状腺機能低下症15