HOME | 東洋医学 | ストレスと東洋医学

ストレスと東洋医学

ストレスと東洋医学

鍼灸・整体・マッサージ

余は、百害は気より生ずるを知るなり、怒るときは則ち気上る。

喜ぶときは則ち気緩む。

悲しむときは則ち気消ゆ。

恐るときは則ち気下る。

寒ゆるときは則ち気収まる。

炅するときは則ち気泄る。

驚くときは則ち気乱る。

労するときは則ち

気耗る。思うときは則ち気結ばる。

(素問:挙痛論篇)

古典より抜粋


ストレス