HOME | 東洋医学 | 東洋医学の胆

鍼灸・整体・自然治癒

東洋医学の胆

胆は、決断や勇気をつかさどる。

胆は、身体の中央に鎮座する。全身の重心となる。そして、公平中立の立場で、落ち着いて、他の臓腑の活動状況を視察し、大所高所から、その適否の決断に任ずる器官。

こころの落ち着きは、大胆さや勇ましさにい通じており、胆がつかさどる。「素問」「霊枢」

胆は精汁(胆汁)を蔵する

胆は奇恒の腑の一つである


胆

胆の病証

胆は決断や勇気をつかさどっている。胆気が虚すと、不安感や驚きやすくなる。

など


胆の病証

関連記事

足の少陽胆経